肥満には様々な病気のリスクが潜んでいます。
若いころには代謝が高いのですが、加齢とともに筋肉が衰え、骨密度が低くなり、身体を支える力が弱くなります。
肥満は、関節や筋肉に大きな負担を掛けます。

肥満により、足への負担が大きくなり、関節痛や下肢静脈瘤などにもなる危険性が潜んでいます。
また、血糖値上昇から糖尿病や脂質異常症、脂肪肝、血栓症、心筋梗塞、動脈瘤など様々な病気の元となります。
近年では、大腸ガンが日本人の死亡原因として増えてきました。
とくに、男性に比べて女性のガン患者が増え、中高年以降、大腸がん、子宮癌、乳がんなどのリスクが高まると言われています。

女性が肥満となる原因に、食の欧米化などが大きく寄与しており、また、出産の高年齢化等も関係していると言われています。
ガンは、遺伝子の異常による生成メカニズムで、正常な遺伝子が変異することで病巣として成長し、正常細胞は代謝するのに反して、ガン細胞は無尽蔵に成長し続け、自覚症状が出るころには進行しているケースが多いです。
ただ、ガンは元々親から受け継いだ遺伝し情報により、発症する懸念があり、遺伝性の可能性が高いと言われています。
そのことから、避けることのできないガンもあるでしょう。
しかし、ガンを攻撃する治療や薬が多く開発されるようになり、食生活の改善でもある程度ガンを抑えることが可能となってきました。
ガンのリスクを少しでも少なくするために、動物性脂肪を少なく、高たんぱくで低脂肪、緑黄色野菜を多く摂り、消化吸収を高めるためによく噛んで食事を摂ることに心掛けると良いでしょう。
肥満を防ぐために、間食を控え、軽い有酸素運動を生活に取りいれると良いでしょう。

関連ページ