肥満には様々な病気のリスクが潜んでいます。
若いころには代謝が高いのですが、加齢とともに筋肉が衰え、骨密度が低くなり、身体を支える力が弱くなります。
肥満は、関節や筋肉に大きな負担を掛けます。

肥満に悩まされる女性肥満により、足への負担が大きくなり、関節痛や下肢静脈瘤などにもなる危険性が潜んでいます。
また、血糖値上昇から糖尿病や脂質異常症、脂肪肝、血栓症、心筋梗塞、動脈瘤など様々な病気の元となります。
脂質異常症と聞けば、馴染みが無くて自分は関係ないと思われる方もいるかもしれません。
これは、高コレステロール血症や高脂血症が該当しています。
人間ドックなど毎年の健康診断で、コレステロール値に注意を受けている方は他人事ではありません。
コレステロールは動脈硬化を及ぼす可能性があるため早めに改善することが重要です。

改善する薬として、リピトールなどが効果的です。
リピトールの主成分はアトルバスタチンカルシウム水和物となっており、コレステロールの合成を抑制する効能があります。
これが結果的にコレステロール値を下げることにつながります。

リピトールは病院で処方してもらう方法もありますが、最近では、医薬品の通販サイトもあり、便利になってきています。
通販と言っても、日本で認可が下りていない者に関しては、海外からの個人輸入という方法で購入する形になります。
個人輸入と聞くと難しく感じるでしょうが、個人輸入代行の通販サイトもあるので、購入する方法は一般的な通販と変わりません。
ネットや電話で商品を注文して、支払い後、商品到着を待つという流れです。(代金引換は通販サイトによってできないようです)

もう少し費用を抑えたいという方にはジェネリック医薬品を取り扱っている通販サイトもあります。
リピトールのジェネリックであるストーバースも販売されています。
気になる方は一度通販サイトを見てみましょう。
リピトールはジェネリックでも効果はほぼ同じですので、安いから品質が悪いということはありません。
ただし、もし重篤な副作用などが発生した場合は、すぐに使用をやめて病院へ行きましょう。

また、肥満による病気は他にもあります。
近年、大腸ガンが日本人の死亡原因として増えてきました。
とくに、男性に比べて女性のガン患者が増え、中高年以降、大腸がん、子宮癌、乳がんなどのリスクが高まると言われています。

女性が肥満となる原因に、食の欧米化などが大きく寄与しており、また、出産の高年齢化等も関係していると言われています。
ガンは、遺伝子の異常による生成メカニズムで、正常な遺伝子が変異することで病巣として成長し、正常細胞は代謝するのに反して、ガン細胞は無尽蔵に成長し続け、自覚症状が出るころには進行しているケースが多いです。
ただ、ガンは元々親から受け継いだ遺伝し情報により、発症する懸念があり、遺伝性の可能性が高いと言われています。
そのことから、避けることのできないガンもあるでしょう。
しかし、ガンを攻撃する治療や薬が多く開発されるようになり、食生活の改善でもある程度ガンを抑えることが可能となってきました。
ガンのリスクを少しでも少なくするために、動物性脂肪を少なく、高たんぱくで低脂肪、緑黄色野菜を多く摂り、消化吸収を高めるためによく噛んで食事を摂ることに心掛けると良いでしょう。
肥満を防ぐために、間食を控え、軽い有酸素運動を生活に取りいれると良いでしょう。

関連ページ